スタッフブログ

たにぃ 水が冷たい季節 2017年2月4日

年が明けてすっかり寒さが厳しくなってきました。給湯器がないと手を洗うのも辛い季節です。

でも給湯器があるのに、なかなかお湯が出てこないのにイライラした経験はないでしょうか。これは給湯器から蛇口までの間にある、水道管の中に残っている水が原因。その水が出切らない限り、お湯はやってきません。水が冷たいと沸かすのにも時間がかかりますから、その間は水を出しっぱなし。使わないでしばらく放っておくと水道管のお湯も冷めちゃいますし、何だかもったいない気分になります。

その点、瞬間湯沸器だと手元で瞬間にお湯を沸かすので、すぐお湯になって便利。とはいえそのためだけに湯沸器を取り付けて、キッチンや洗面台のスペースを取るのはちょっとスマートじゃないですよね。今さら感もありますし。

でもすぐにお湯が使いたい! っていうせっかちな方、実は解決方法があります。
それは即湯ユニットというもの。

洗面台やキッチンのシンク下に写真のような電気温水器を設置。蛇口下のタンクにお湯を貯めておくので、蛇口をひねるとすぐお湯が出てきます。

※写真はTOTOの「魔法びん電気即湯器」

水が冷たい間は電気で沸かしたお湯を使い、給湯器のお湯が来たら自動でストップして給湯器のお湯に切り替え。特にスイッチの入切もいりません。お湯を貯めるタンクは魔法びんのように断熱しているので、保温で思ったよりも電気代はかかりません(使い方にもよりますが)。

とはいえ取付けのためにはそこそこスペースが必要で、古いタイプの引出し式の洗面台やキッチンには取り付けられない場合もあります。もしご興味がありましたら、無料で出張診断いたしますので湯~ショップまでご相談ください

あ、ちなみに即湯ユニットは水道管の凍結防止にはなりませんので、あしからず・・・


たにぃ 給湯器よもやま話21 2016年5月30日

最近すっかり更新が鈍ってしまいました。まずは本題に入る前に告知です。

2016年6月13日(月) 当社は社員研修のため休業いたします。

メールのお問い合わせは常時受け付けておりますが、6月10日(金)17時以降のものについては、6月14日(火)以降のご返答となりますので、ご了承願います。

・・・

では久方ぶりに給湯器のお話を。今回は集合住宅用の給湯器について。

ガス給湯器は外壁に取り付ける壁掛型(設置フリータイプ)や、浴室の外壁下に設置する据置型などが一般的。しかしマンションなどの鉄骨・鉄筋コンクリート造の集合住宅は、間取りとの兼ね合いで給湯器の取付け方に制限があります。

ガス給湯器はガスを燃やすことでお湯を沸かすわけですが、その際に大量の空気(酸素)を使います。以前書いたようにガスが燃えると二酸化炭素と水が出ます。この時に気をつけなくてはいけないのは、二酸化炭素をしっかり外に吐き出して、給湯器に戻ってこないようにしないとなりません。なぜなら二酸化炭素が循環してしまうと、一酸化炭素が発生して大変危険だからです(→くわしくは 給湯器よもやま話18 で)。

集合住宅はベランダや廊下、手すりの壁や、間取りの都合で給湯器の前が狭くて換気が十分にできない場合があります。そうならないよう、建築基準法消防法で給湯器の取付け方にはルールが決められており、各メーカーではさまざまな専用品が用意されています。

集合住宅用の給湯器には以下の種類があります。

PS標準型●PS標準型

「PS」というのは「パイプスペース」のこと。水道管やガス管を通す細長い空間で、各階を貫いてパイプや配線が通っています。宅配便の人に「留守中はここにハンコ入れてあるから、荷物置いといて」なんて言う人もいるでしょう。でも重いものを入れると配管などを曲げて大変なことになりますので、宅配ボックス代わりに使うのはオススメできません。

PS型は他にも種類が色々あったりしますが、この標準型の場合、給湯器の前面が外から見えます。

PSアルコーブ型●アルコーブ設置型

「アルコーブ」というのは玄関を廊下から少しくぼませた空間のこと。玄関ドアが見えにくくなるので、出入りの際にプライバシーが若干保てる作りになっています。

でもこの横壁に標準型の給湯器をつけてしまうと、くぼみに排気が溜まってしまうので、排気カバーをつけて横から外に向けて排気させる仕組みになっています。

なお余談ですが、このアルコーブは玄関ホールや廊下と同じく「共用スペース」になりますので、自転車など住民の私物を置いたりしてはいけないことになっています。ご注意を。

PS扉内設置型●PS扉内設置型

最初に説明したPS標準型と何が違うのかと言うと、給湯器の正面パネルを見せず、丸い穴だけ突き出して扉の中に隠してしまうタイプがこれ。

給湯器を見せたくないという理由だけで選ばれているわけでなく、廊下の広さを十分に取れないような場合、消防法で火災防止の隔壁として扉の中に隠す必要があるので、このタイプを取り付けます。

また丸穴は排気口を丸く細くすることで排気を直線的に遠くに飛ばし、廊下を飛び越えるようにして外に排出する目的もあります。

PS上方排気型●PS上方排気型

こちらは扉の中に完全に隠してしまうタイプ。天井の管を通って排気されます。給湯器の周りが壁などでふさがれているような、排気されにくいような場所だとこのタイプを設置します。

ちなみに「上方」は「じょうほう」であって「かみがた」ではありませんし、関西の方で多いとか聞いたことありませんので念のため。

PS後方排気型●PS後方排気型

こちらは給湯器の後ろ(裏側)から排気するタイプ。給湯器が避難通路やエレベーター等と隣接するような場合、消防法でこちらを使うよう定められている場合があります。

外から見ても上方排気型と区別がつきにくく、扉の中をのぞいても上方排気型と区別するのは難しいと思います。

他にも色々ありますが、今取り付けられている給湯器がどの種類なのか判別するのは大変。そこはプロに任せましょう。

なお集合住宅の給湯器を交換する際は、基本的に前と同じ型のものを取付けます。集合住宅は共用スペースを勝手に変更できませんので、能力を上げたいからと言って給湯器を勝手に大きくして廊下にはみ出すように取り付けたりできません。また取付位置や排気方法も、法律の関係上、勝手に変えることができません。

ただし標準型以外の給湯器の場合、多くのメーカーが受注生産になります。すぐに交換したくても、給湯器を用意するのに数日~数週間かかってしまうことがあります。集合住宅にお住まいの方は、給湯器の調子が悪くなったら早めの修理・交換手配をおススメします。


たにぃ 年末年始休業のお知らせ 2015年12月25日

a0070_000076今年は暖冬と言いつつもだんだん寒くなってきました。ブログは相変わらずサボり気味でお寒い状況ですが。

さて、弊社は12月31日から翌年1月4日まで冬休みをいただきます。その間に頂いたメール等のお問い合わせに関しては、2016年1月5日以降に対応させていただきますのでご了承願います。

と、告知だけして終わるのもなんですので(デジャブ?)、寒くなってくると出てくる給湯器の不具合について。

以前「給湯器よもやま話5」にも書きましたが、急にお湯が出なくなったと思ったらガスが止まっていたりすることがよくあります。急に寒くなると結構な件数でガスメーターが勝手にガスを止めてしまいます。これは地面の温度が下がって水道水の水が冷たくなってしまうから。

ガスメーターは普段使っているガスの量を覚えていて、それよりも大幅に多くガスが流れると「ガス漏れだー!」と判断してガスを止めます。本当にガスが漏れてしまった時は頼りになる機能。

でも水が冷たい時は、ガスの使う量が増えてガスを止めてしまうことも。たとえば水温17度を42度のお湯にするときは+25度上げるわけですが、水温が2度だったりすると+40度も一気に上げなくてはなりません。単純計算で1.6倍以上ガスを使う事になります。実際は水だけでなく給湯器や配管もキンキンに冷えていますので、温まるまでに2倍近いガスを使います。

また独り暮らしでお勤めの人が普段お風呂はシャワーで済ませていて、休みに入ったからじっくり湯船に浸かりたいと思って沸かしながらシャワー使っていたらメーターがガスを止めた、っていうこともよくあります。

ガスメーターいずれにしてもそれが原因でメーターがガスを止めているだけでしたら、復帰ボタンを押して1~2分待てばガスが出ます。

しかし普段からお湯の出が悪いとか、電源を何回も入れ直さないとお湯が出ない場合は給湯器の不調です。年末年始ですと給湯器メーカーも休みですし、弊社も含めて工事業者のほとんどがお休みします。運よく修理や交換してくれる業者が見つかっても、おそらく相場よりも高額の工事費になるでしょう。

設置してから10年以上経っている給湯器は要注意です。給湯器が壊れてしまってからだと年末年始は大変不便を強いられますから、早めに点検・交換することをおすすめします。


たにぃ 給湯器よもやま話20 2015年4月14日

あらまあ、だいぶ放置していました・・・

前回、立ち消え安全装置で中途半端に終わらせてしまいましたが、今回こそは不完全燃焼防止装置について。

フレームロッドのいろいろ給湯器やファンヒーターなど電気を併用するタイプのガス機器は、お湯や暖房の温度を調整しながら運転する上、コンロや湯沸器に比べ使うガスの量も多くなります。安全装置に求められることもシビアになりますので、立ち消え安全装置だけでは役不足。そのため多くの不完全燃焼防止装置にはフレームロッドが使われています。

フレームロッド(Flame Rod=炎の棒)は火口(バーナー)のすぐ横にある棒状のようなもの。熱電対と同じように電極になっています。ただし熱電対と違ってバーナーにも電極がつながれていて、運転中は端子に電圧をかけています。

フレームロッドのしくみフレームロッドとバーナーの間にはすき間があるので、火が消えているときは電流が流れません。火が着くと炎が電気を通し電流が流れるようになります(導電作用)。炎の大きさが大きくなれば電流が多く流れ、小さくなれば少なくなります。その電流を計れば、炎が正しく燃えているか判定できるのです。

もし空気が足りなくなって不完全燃焼を起こした時は、正常時より炎が小さくなって流れる電流が少なくなります。ガスの流れている量と比べて釣り合わない場合はコンピューターが異常と感知、エラー表示を出して運転を止めます。

炎のある・なしで異常を検知する熱電対に比べ、フレームロッドはこのように電流量で炎の状態がわかるので、ガス機器をきめ細かく監視する事ができます。そのため最近のコンロや湯沸器もフレームロッド式の不完全燃焼防止装置がついているものが多くなりました。

リモコンのあるガス給湯器や、液晶表示のあるガスファンヒーターの場合、頭の数字が「9」のエラーが出ていたら、空気が足りなくなって不完全燃焼を起こしているか、フレームロッドの異常。その際は使用を中止し(というか使えませんが)、メーカーなどに点検を依頼しましょう。


たにぃ 給湯器よもやま話19 2015年2月13日

前回予告してしまったので、今回は不完全燃焼防止装置について。

漢字が9文字も並ぶと漢語のように難しく見えますが、平たく言うとガスや石油などが変な燃え方をしたら火を止める仕組みのことです。

立ち消え安全装置では不完全燃焼防止装置の説明の前に、まず立ち消え安全装置について。

立ち消え安全装置は古いタイプの家庭用ガスコンロや湯沸器に使われているもので、水がかかったり風が吹いたりして火が消えてしまったときに、ガスが出っ放しにならないようにするためのものです。

ガスコンロを見て頂くと、火の口(バーナー)のところに1つ、または2つの突起があると思います。2つある場合、1つは火花が飛びますので点火装置だとわかります。何もしない方が炎検知器という、立ち消え安全装置の部品になります。

熱電対この炎検知器は熱に強い合金でできた電極になっています(熱電対)。合金は二層になっていて、熱が加わるとそのエネルギーで合金の間に電流が生まれます(熱起電力)。

コンロのツマミを押しながらひねると、押している間だけ強制的に中の弁が開いてガスが出ます。点火すると炎検知器があぶられて電流が流れます。すると電磁石が働き、中の弁(電磁弁)が開いたままになります。

しかし鍋の吹きこぼれなどで火が消えると電気が流れなくなるため、スプリングの力で弁が戻り、ガスの元栓やツマミが開いたままでもガスが止まります。業務用でもない限り、このようにガス機器は火が消えたらガスも止まるようになっています。

鋳物コンロ(業務用)熱電対式は仕組みが単純で、部品も少なくて済むのですが、電流がとても弱くデリケート。各部が汚れたり錆びたりすると電流が足りずに弁がすぐ閉じてしまい、火が着きにくくなったりします。そのため業務用でハードに使うコンロは誤作動を起こしてしまうので、こうした安全装置がついていません。

給湯器やファンヒーターなども使うガスの量が多いため、立ち消え安全装置では誤作動を起こしやすく役不足です。そのため電気も併用するタイプの機器では、フレームロッド式の不完全燃焼防止装置が主流になっているのですが・・・ここまで書いて次回に続きます。


最近の投稿

最新のコメント

たにぃ : 給湯器よもやま話21
ご質問ありがとうございます。建物の構造等、現場を見て... (10/13)
藤原一人 : 給湯器よもやま話21
はじめまして。一つ質問させて下さい。現在 1棟マンション... (10/12)

カテゴリー