スタッフブログ

たにぃ 年末年始休業のお知らせ 2015年12月25日

a0070_000076今年は暖冬と言いつつもだんだん寒くなってきました。ブログは相変わらずサボり気味でお寒い状況ですが。

さて、弊社は12月31日から翌年1月4日まで冬休みをいただきます。その間に頂いたメール等のお問い合わせに関しては、2016年1月5日以降に対応させていただきますのでご了承願います。

と、告知だけして終わるのもなんですので(デジャブ?)、寒くなってくると出てくる給湯器の不具合について。

以前「給湯器よもやま話5」にも書きましたが、急にお湯が出なくなったと思ったらガスが止まっていたりすることがよくあります。急に寒くなると結構な件数でガスメーターが勝手にガスを止めてしまいます。これは地面の温度が下がって水道水の水が冷たくなってしまうから。

ガスメーターは普段使っているガスの量を覚えていて、それよりも大幅に多くガスが流れると「ガス漏れだー!」と判断してガスを止めます。本当にガスが漏れてしまった時は頼りになる機能。

でも水が冷たい時は、ガスの使う量が増えてガスを止めてしまうことも。たとえば水温17度を42度のお湯にするときは+25度上げるわけですが、水温が2度だったりすると+40度も一気に上げなくてはなりません。単純計算で1.6倍以上ガスを使う事になります。実際は水だけでなく給湯器や配管もキンキンに冷えていますので、温まるまでに2倍近いガスを使います。

また独り暮らしでお勤めの人が普段お風呂はシャワーで済ませていて、休みに入ったからじっくり湯船に浸かりたいと思って沸かしながらシャワー使っていたらメーターがガスを止めた、っていうこともよくあります。

ガスメーターいずれにしてもそれが原因でメーターがガスを止めているだけでしたら、復帰ボタンを押して1~2分待てばガスが出ます。

しかし普段からお湯の出が悪いとか、電源を何回も入れ直さないとお湯が出ない場合は給湯器の不調です。年末年始ですと給湯器メーカーも休みですし、弊社も含めて工事業者のほとんどがお休みします。運よく修理や交換してくれる業者が見つかっても、おそらく相場よりも高額の工事費になるでしょう。

設置してから10年以上経っている給湯器は要注意です。給湯器が壊れてしまってからだと年末年始は大変不便を強いられますから、早めに点検・交換することをおすすめします。


たにぃ | 13:13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

タグは使えません。改行はそのまま表示されます。

最近の投稿

最新のコメント

たにぃ : 給湯器よもやま話21
ご質問ありがとうございます。建物の構造等、現場を見て... (10/13)
藤原一人 : 給湯器よもやま話21
はじめまして。一つ質問させて下さい。現在 1棟マンション... (10/12)

カテゴリー